ブログ

もし、アンパンマンの世界の住人だとしたら?

いや〜、なんかアンパンマンってすごいですよね。

昨日、娘が風邪を引きグズグズしていたので、Huluに入っていたアンパンマンを視聴してみたらピタっと泣き止んで真剣に見ている姿を見て驚きました。

アンパンマンは偉大です。

アンパンマンを改めて見ていて思ったのですが、アンパンマン以外のキャラクターも自分の特技で困った人を助けるんですね。すっかりと忘れていました。

キャラクターもたくさんいて、料理を提供して空腹を満たしたり、歌を歌ってみんなを喜ばせたり、自分の特技を活かして人助けをしています。しかも見返りを求めずに、ただ「みんなに届けたい」一心で街へ街へと旅を続けています。

なんだかそれが、仕事の本質であるような気がしてハッとさせられました。
自分の「特技」を活かして、自分にしかできない「価値」を提供して人を喜ばせる。
その「価値」に対して人は「報酬」を出してくれる。

だから仕事は「自分が得意な事で人を助ける」が原動力であり、原点ではないのかなと感じました。考えてみれば好きな事だけをやって生きてきたけど、ずっと続いているのはそういう事なんじゃないかなと思います。まあ、当たり前っちゃ当たり前なのですがね。

特技を磨くことで他のキャラクターとは違う、ユニークなキャラクターになります。だからこれからも得意な事を磨き、より多くの人を助けられるようなキャラクターになるべきなんだ。これからの仕事は誰かと同じではなく、誰とも違う仕事をしていかないと行けない。自分の好きなものをやっていく方が、絶対に楽しいに決まってる!

大人になってみるアンパンマンはとっても深かったというお話でした。

アンパンマンの世界の住人になったら、あなたはどんなキャラクターになりますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です