ブログ

在宅になって面食らった「距離感」

N885_katagurumaoyako_TP_V

いやー、あっという間に5月ですね。
そしてGWに突入したわけですが、我が家は風邪が流行中で家で大人しくしています。笑

会社をやめてフリーランスになって二週間が過ぎ、在宅で仕事ができる楽しさで溢れています。
なんといっても「嫌いな事」から逃げれるのが嬉しい。

「嫌いな事」というのは、ずばり「やりたくない事」です。

組織に属していると「やりたくない事」からはなかなか逃れられません。
「みんなやってるから」そんな理由で「やりたくない事」を押し付けられるのは、申し訳ないけど非効率極まりない。

とまぁ、悪しき風習から逃げ出せたので嬉しいのなんの、仕事がとっても捗ります。

 

しかし、そんな理想的な環境でも予想していなかった・予想はしていたけど想像以上だった事で面くらいました。
フリーランス、在宅を考えている方は参考にしていただければと思います。

 

在宅になって面食らった事

家族との距離感

これです、家族との距離感が難しかった。

いや別に険悪とかじゃないですよ、家族仲は仲良しだと思っています(希望)

僕の環境をまず整理すると

  • 群馬に引っ越したばかり
  • 子供が保育園に通い始める
  • 妻が育休中(もうすぐ復帰)
  • 10年間はサラリーマンだった(転職あり)

ざっくり言うとこんな環境です。
この環境の整理が役に立ったのかはわかりません。

さて、何が面食らったかと言うと「家族」の事が良くも悪くも目に入るという事でした。

良い部分で言えば「家族」の顔がちゃんと見れるので、会社員の時よりは蜜なコミュニケーションが取れているんじゃないかなと思います。この部分は本当に嬉しいです。

逆になにが気になったかと言うと、「今まで自分が対応しなかった部分」です。

例えば夕飯の支度を妻がしている時に、実はうちの娘は離れるとギャン泣きします。
これは以前、妻から聞いていた部分ではあるのですが、実際にその現場にいるともう半端ない。

調理時間が30〜60分ぐらいだとして、その七割は娘ギャン泣きです。
60分でいうと42分は泣いてます(多いかも)

その対応をしながら料理をしている妻は、もはや仏の領域まで達していると思います。

もう5分ぐらい聞いていると、仕事を中断して娘の相手をしてしまいます。
相手をし始めるとそのまま夕飯〜お風呂コースなので、業務に大幅な遅れがでてしまいます。

それ以外でもなにかしらのトラブルでは、時間に融通がきくから率先して動いたりと
会社勤めでは思いもしなかった事に、在宅を続けられるのか不安になりました。

 

今までは気にしなかったのだから、今も気にしなければいいじゃないかと思いますが
目の前で見る光景だと全然違いますね。

仕事も大切、でも家族も大切だから距離感に相当参りました。

 

でもなんだかんだ慣れる

結局慣れました。笑

会社員では10時~19時が就業時間で、その時間は仕事してないといけない!
という概念で動いていると在宅は(特に子供がいる)厳しいなと思いました。

緊急なトラブルがあるもんだと思い、時間で仕事をするのではなくタスク量で仕事をする方が楽です。
なるべく短期集中でタスクをこなし時間に余裕を持ちましょう。

残った時間は家族との時間、趣味の時間を使いましょう。
効率よく仕事をする為には家族との時間を大切にし、十分な睡眠を取る事が必要です。

そうやって新しい環境で「距離感」を作ることに成功しました。
皆さんもベストな「距離感」を見つけてくださいね。

 

では、よい在宅ワーキングを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です