【YouTube】切り抜き動画とは?収益化できる?

最近YouTubeでひろゆき氏の「切り抜き動画」が流行っています。
僕も興味深いタイトルの動画はついつい見てしまいます!

でも・・・
「いったい切り抜き動画てなんなの?」
「違法じゃないの?」
「投稿してる人は収益化できるの?」
といった疑問が出てきます。

どうも、群馬県に拠点をおく動画制作会社8hammer(エイトハンマー)のケンちゃんです!
この記事では切り抜き動画についての説明と、切り抜き動画で収益化はできるのか?について説明していきますのでご興味ある方は読み進めてみてください。

切り抜き動画とは?

切り抜きとは、長時間動画(主に生放送)が第三者によって特定場面のみを抜粋され、カット等編集の上で再投稿されたものである。

ニコニコ大百科(仮)

投稿者側の視点に立つと、LIVE配信はとても楽です。
編集(カット、テロップ、BGMなど)しなくて済むからです。

本来であればLIVE配信した動画を編集して、ダイジェスト版をアップロードすると視聴者に優しく再生数も伸びると想定できるのですが、なかなか大変なんですよね。

VTuber界隈では、ファンの方が善意で面白いところだけを切り抜きして編集するという習慣があったようです。

違法じゃないの?

著作権侵害にあたるので違法と言えるでしょう。
著作権を侵害されている方が訴えることで刑事責任を問うことができます。
逆を言えば、訴えない限り刑事責任は問われないということでもあります。

著作権者が切り抜き動画を作られることで得るメリットもあるため、黙認したり感謝したりすることもあります。

切り抜き動画の投稿者は収益化できるの?

結論から言うと収益化できます。
しかし条件、注意点があります。

  • 著作権者と有効な関係を築く
  • 著作権者と別途契約を結ぶ
  • Content IDを利用していない著作権者の動画を切り抜き、収益化されたとしても動画を削除されたり訴えられる可能性がある

著作権者がコンテンツにContent IDを割り振っていなかったとしたら、切り抜き動画で収益化は可能かもしれません。
しかしそれが、著作権者や善意の第三者に通報されたら動画を削除されたりすることでしょう。

ところでコンテンツIDとはどんなものなのでしょうか?

YouTubeでは「Content ID」という仕組みがある

ひろゆき氏はこう語っている。

「実はユーチューブで『コンテンツID』っていって、切り抜いた人の収益も僕が取れる仕組みがあるので、そこで折半するみたいになってるんですよ」

東スポWeb

このことからひろゆき氏はContent IDを利用して、切り抜き動画で収益を得ているようです。
切り抜き動画の投稿者も半分収益を上げられているようですね。

余談ですが、現在ひろゆき氏は切り抜きを許容しており、チャンネル登録者数1,000人、総再生時間4,000時間を超えたチャンネルに関して連絡を貰えればお話しましょう、というスタンスのようです。
そこで収益の配分などを決めているのだと思われます。

Content IDってどんな仕組みなの?

著作権者は Content ID というシステムを利用することで、YouTube 上の自分のコンテンツを簡単に特定して管理できます。YouTube にアップロードされた動画は、コンテンツ所有者が提出したファイルのデータベースと照合され、スキャンされます。

YouTubeヘルプ

Content IDにも手続きが必要で、著作権者はまず音声や映像の参照ファイルをYouTubeに提出します。
そうするとフィンガープリント(コンテンツの特徴を表すデータ)が作成され、データベースに保存されます。
あとは、YouTube内で著作権者のコンテンツに一致している動画があれば検知してくれます。

その後、著作権者は以下の選択をすることが可能になります。

  1. 動画をブロック
  2. 動画に広告を貼り収益化
  3. 視聴者データを追跡して詳しいアナリティクスを入手

しかし、このContent IDを利用するには注意する点があります。
それは、著作権者がコンテンツの独占的な権利を所有している必要があります。

以下の場合には独占的な権利を所有していない、ということになります。

  1. ゲームプレイ動画
  2. 使用許可のない音楽や動画
  3. 使用許可はあるが、その権利が独占的でない音楽や動画
  4. パフォーマンスの録画

ゲームプレイ動画ではゲーム自体の著作権があります。
この時点でゲームをプレイする実況者は独占的な権利を所有していない、ということになります。

仮にマヂカルラブリーの野田氏が「野田ゲー」をプレイする動画であれば、野田氏は独占的な権利を所有していると言えるでしょう。

音楽や動画は使用許可のないものであればもちろん、著作権者は別にいるでしょうし、フリー素材など使用許可はあるものであっても、作者が著作権者になります。
つまり、独占的な権利を所有していないということになります。

ダンスや大道芸などのパフォーマンスの録画は、実際パフォーマンスしている方の著作権があるため、独占的な権利は所有していません。

上で挙げた内容では「私の動画だから守ってね」とContent IDに登録しようとしても弾かれてしまうことでしょう。

どんな内容だったらContent IDに登録できるのか?

ひろゆき氏のようにトークのみでコンテンツを成立させてしまうのが、確実でしょう。
BGMなどフリー素材を使用すると独占的な権利ではないコンテンツになってしまいます。

まとめ

YouTubeではコンテンツや著作権者を守るためのシステムがあります。
それを活用するには著作権者もContent IDに申請するなど準備が必要です。

そして切り抜き動画投稿者は、著作権者に許可と収益化の配分を個別に交渉する必要があります。
それだけ手間暇かけてやる必要があります。

繰り返しになりますが、切り抜き動画で正しく収益化するには著作権者に許可を取り、収益の配分を決めた上で動画を配信するようにしましょう。

動画を作りたいと思ったら・・

群馬県を拠点に動画制作、映像制作を行う8hammer(エイトハンマー)では、YouTubeコンテンツ動画や会社紹介、リクルート向け採用動画など様々な制作を承っています。

「動画を自分たちで作ってみようとしても、機材がなかったり編集が大変だったり・・・。」
「制作会社に頼もうと思って調べてみても、どこにしたら良いかわからない・・・。」

そこのあなた!!
このブログを読んでくださったのもなにかのご縁です。

無料相談してみませんか?
さらには無料で動画を作れる裏技も!?

YouTube関連記事

こちらの記事もYouTubeコンテンツに関して書いています!
よろしければ読んでみてください!

私が書いたその他の記事はnoteでも読めます!
↓↓その他の記事はこちら↓↓
https://note.com/kentarou_note

また、動画の記事に特化した弊社8hammerのnoteもあります!
↓↓動画についての記事はこちら↓↓
https://note.com/8hammer

記事は随時増やしていきますのでぜひフォローしてみてください!

それではまた!

ケンちゃん

お気軽にご相談ください!

動画の事でしたらいつでもご相談ください!
動画プランナーが丁寧にご対応させていただきます。

本多健太郎

通称ケンちゃん
日本初のYouTuber手当受給者!

全ての投稿を見る

最新情報・お得情報をメールでお届け!!

LINE公式アカウントはじめました!!

ゲーム配信チャンネル開設いたしました!!

ケンちゃんスタンプ第一弾、販売中!!