本当は怖い家賃徴収代行サービスの罠

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A853115070150spk-thumb-1000xauto-18952

結婚してから2回ほど引っ越してきたのですが、最近?なのか家賃の引き落としに「決算代行」業者が仲介に入るケースが多いです。これは貸主の代わりに家賃の徴収、督促等を代行してくれるので、貸主からはとっても助かるサービスです。僕も2回ともこのサービスを強制的に利用しなくてはいけなく、家賃の引き落としは「代行業者」から引き落とされています。

利用料を数%取られ、毎月引き落としされているのですが、この業者の名義がどうなっているかご存じですか?僕が利用している業者は「某クレジットカード会社」から引き落とされていて、毎月明細書がはがきで送られています。

別になんとも思ってはいなかったのですが、CICなどの信用情報機関にしっかりと記録されています。
つまり家賃の引き落としだけだと思っていたものは、「クレジットカード」に見間違えられる事につながります。

そう、ここで引き落としをミスしたりすると信用情報にしっかりと記録されてしまいます。
滞納はダメですがうっかりとしたミスで、銀行からの借入時などに深刻なダメージを受ける事になります。

滞納だけでなくクレジットカードを複数枚もっている人は気をつけた方がいいでしょう。

最近の賃貸はこういうケースが多いとは思いますが、なるべく避けれるなら避けた方が無難な気もします。でもしっかりと払っていれば問題ないとは思いますが・・・。

 

Leave a comment