次に進む為に捨てる決意をした日


僕は10年ぐらい「デザイナー」として仕事をしてきました。最初はDTPオペレーターとかから始まりましたが、最初は特にやりたい仕事でなくむしろ踏み台にしていこうと選んだ職業でした。

学生の頃は絵を描く仕事に就きたくて専門学校を選びましたが、DTPやweb制作などデザイン業など興味がま〜〜〜ったくありませんでした。写真と文字をそれっぽく配置すればそれっぽくなるじゃん。その程度の認識でした。

専門学校でゲーム業界へ就職活動に失敗し、学校を卒業してからも絵を描く仕事に就きたくて引き続き就活をしていましたが上手くいかず。周りの仲間達は仕事帰りの愚痴や、今日あった事などを話していて自分だけが取り残された気分でした。

それでも諦められなかったので、とにかく仕事に就きたかった僕は地元でも有名な今でいうブラック企業へ足を運ぶことにしました。とにかく近い業界にいて、もう一度チャンスを伺うことにしました。当然の事の様に内定をもらえました。

その会社ではチラシ制作がメインの印刷所で、DTPオペレーターの社員として初めて仕事につきました。まぁ、内容はブラックでしたが、デザインに対して興味をもつようになりました。チラシ制作はチームで行っているので、パーツでしか仕事をすることがなく0から10まで仕事を覚えてみたいと心が変化していきます。

もともと長くいるつもりはなかったので10ヶ月ほどで、運良く知り合いのデザイン事務所へ転職する事に。そこでは自分で考え、自分で作り上げる事。そして0から10までの事を学びました。ここから「デザイナー」として自分が仕事をする事になり、まさか自分が「デザイナー」になるなんて夢にも思いませんでした。

絵を描く仕事がしたかったのですが、デザインの一貫でイラストも描いていたので夢はある意味かなったはずです。笑
その欲望が薄れてしまったので「デザイナー」として学んでいきたい気持ちと、最後は「ディレクター」として活躍したいな。なんて思うようになりました。

多くの事を知っていた方がいいと思い、チラシだけでなくwebや動画などの媒体にもチャレンジし、それぞれの流れと視点を体に落とし込みました。その方が時間、流れが見えると思ったからです。

まぁ、そんなこんなで10年デザイナーとしてやってきたのですが、おそらく商業デザイナーとしては終わったなと感じました。もう、デザインの引き出しを増やす体になっていなく、全体を効率よく回す事、プレゼンの仕方、資金巡りなど運用に頭がシフトしているからです。

好みの問題としてミニマルデザインが好きで、基本はシンプルなデザインでいきたい。その欲求が強くなりすぎてしまったのも要因かな。顧客が求めている事、ユーザーが求めている事、親和性の設計をする自信がデザインの視点でキチンと見えなくっている。

ということで兼ねてからなりたかった「クリエイティブディレクター」として自分をシフトしていきます。だから10年連れ添った「デザイナー」という肩書を捨てます。捨てなければ次のステージを勝ち進めない、集中して勝負できなくなると思ったからです。

ただすごく不安ではあるけども、最初はそんなもんだと頑張りたいと思います!
こんなCDですがよろしくおねがいします。

Leave a comment