ブログ

自分を素材にコンテンツを作るのがオススメな理由とは

  

これは自分を製作者目線で「客観視」する事ができる事だと思います。
現在「群馬よいじゃねぇ」という群馬県民向けのYouTubeチャンネルを開設しているのですが、自分を含め3人のおじさん達が出演しています。

撮影した動画を編集していくのですが、これが新しい発見の連続でした。
今まで人の商品をプロデユースしたりしてきましたが、自分自身を素材としてコンテンツを作る事は全然ありませんでした。

恐らく学生の時に作ったポートフォリオの表紙が最後じゃないかなぁと。
そもそもその頃は自分自身が好きになれず、表にだす事を躊躇していたので素材にしよう!なんて思いもしませんでした。

巡り巡って自分を素材にする事になりましたが、今まで制作側で素材に向けていた目線が自分に向くと面白いですね。素材に対して「良い」「悪い」が客観的に見えてくるので、自分をリアルに「客観視」できていると思います。

もう本当「今のトークおかしい」「発音が微妙」「痩せないと画的に・・」「今のいいよね!」「ナイスおれ!」など、今まで見えなかった事がボロボロでてくるでてくる。

セルフブランディングするにしてもいい経験だと思うので、ぜひ自分を素材にしてコンテンツを制作してみる事をオススメしますよ!ただ、自分を卑下する心が強い時はやめた方がいいかもしれませんが、自分のいい所をとにかく見て気持ちを高めて頂ければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です