ブログ

娘が産まれる前に夢にでてきて妊娠を知らせてくれた

 
 今日はIKEAに遊びにいってきました。
北欧のシンプルなデザインに虜になったのが10年ぐらい前で、それ以来よくふらっと行く事が多いです。シンプルなデザインには多くのラフなラインから描かれた、一本のラインが選ばれます。その一本のラインは機能・デザイン両方が兼ね備えられたものなのか、美しさを追求したものなど様々な結果が存在します。

IKEAの多くの商品から、色々なデザインの情報を見つけるのも楽しみのひとつです。でも最終的にホットドックが食べたいだけなのかも。笑

ついでにH&Mで子供服をみていた時に、冬物の帽子を売っているのを見て不思議な夢を見た事を思い出しました。それは妻の妊娠がわかる前に娘にでてきたのです。

赤い耳あてのあるニット帽をかぶった、妻に似たかわいい赤ちゃんを抱っこしている夢でした。夢に感情がでる事はあんまりないのですが、その夢はとてもリアルでとても愛おしく、可愛らしく、何者にも代えがたい。そんな感情を抱いていました。

夢から醒めても感じた感情はそのまま残っていて、予知夢を見る時はだいたい夢を引きずる事が多いので何かあるなとは思っていました。そんな事を妻に話しつつ一週間後に控えている結婚式で再び頭がいっぱいになりました。

結婚式が終わりある程度落ち着いてきた時に、妻の妊娠がわかり予知夢であり子どもからのメッセージなのかもしれません。実際産まれてきたのは女の子でパパそっくりらしいですが、最近は妻に似てきて女の子らしくなってきました。

そんな事を思い出し売り場のニット帽をかぶせてみたら、夢にでてきた娘とほぼそっくりな顔・・・・だったような気がします。笑

 

娘が夢にでてきて教えてくれたのかはわかりませんが、パパとママのとこにきたよ!って教えてくれたのだと信じています。

そういえばその夢を見た時に妻もでてきたのですが、二人目を妊娠していて男の子だったと言ってました。二人目が男の子だったら本物ですな!笑

不思議な夢のお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です