ブログ未分類

地元で行われる夏祭りの光景が昔思っていた風景と違う

夏祭り

先日に引き続き、今日までグンマーです。
地元では町内の夏祭りの最終日でした。

夏祭り

大きなお祭りではないのですが、町内で組に分かれて催し物が行われます。
去年は参加できなかったので2年ぶりの参加だったかな。

幼なじみと久々に会って(SNS上で近況は知ってる)話し込んでいると、近所の人が色々と食べ物を持ってきてくれた。笑
すっかり3児のパパになって家も建てたし、小学生ぐらいの頃には今の姿は想像できなかったな。
お互い親になって祭りに参加するなんて変な感じ。

お祭りに参加して思うのが老人と子供の参加は多いのに、父親の参加率が低いなぁと感じました。
一番それが顕著に現れているのが、お神輿の大きさです。

僕が小さい頃の大人のお神輿は100キロ近くある、とっても立派なお神輿でした。
しかし、今は担ぎ手が少なく高齢者が担ぐので、お神輿自体が小さく軽くなっています。

自分が大人になったらお神輿を担ぐのが当たり前だと昔は思っていたけど、大人になった現実はとても寂しい気持ちになりました。
地方を出ることも多いし、仕事も土日休みではない事も普通だし、仕方はないと思うけどね。

昔はトラックの荷台でカラオケ大会もあったし、どんどん縮小化していくなぁ。
まぁ、昔はよかった〜と言うつもりはないけど、若者も含めて活気が出る状態じゃないのはひじょ〜〜〜〜に寂しい。

僕はこういった文化は子ども達に伝えたいし、可能な限り自分も参加していきたいと思う。
ビール飲み放題だしね。笑

地元に戻った30代!地域の行事に参加しよう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です