クレジットカードを持ちすぎてはいけない

クレジットカード ぱくたそ

買い物に便利なクレジットカード、ポイントも尽くし割引も利いたり上手く利用するととても有益ですよね。ネット通販を利用する事も増え、ポイントが付く独自カードも増えて、気が付くと色々な店舗のクレジットカードが増えてしまいました。

僕もポイントが貯まるからお店事にクレジットカードを作ったりしてそのままのカードが多いです。クレジットカードなんて合っても利用しなければ、無いのと同じだと思っていましたが、実は大きな罠が待っています。持ち過ぎて困るケースも存在します。

 

キャッシング枠はつけるな

クレジットカードには買い物の支払い以外に、キャッシングという名の「サラ金」でお金を借りる事ができます。例え利用しないにしても、キャッシング枠をつけない方がいいです。なぜ、付けない方がいいかというと、「いつでも使える借金」を常に所有してる状態になります。1枚ぐらいなら問題ないとは思いますが、複数枚ある場合はそのカードのキャッシング枠の合算が、キャッシング枠として第三者に評価されます。「いつでも使える借金」→「抱えうる借金」として見込まれます。つまり、次の事で不利になる場合があります。

 

住宅ローンの審査が通らない原因に

そう、住宅ローンの審査をしもらう時に不利になる事があります。クレジットカードの支払いの遅延も不利になりますが、クレジットカードが多すぎるのも問題になります。利用用途がはっきりしている場合は、審査の際に通達しておく事をオススメします。しかし、不要なクレジットカードがある場合は、処分しておいた方が良いですよ。

 

クレジットカードは借金

手軽に使えて便利なクレジットカードですが、借金をしているという事に変わりはありません。遅延もいけませんが、持ち過ぎてもよくないですよというお話でした。

とはいえ、僕もまだまだ不要なカードがあるのでしっかりと整理して、遅延なく信用を得ていきたいです。皆様もお気をつけください。

 

Leave a comment