【制作事例】須藤 昭男【みどり市長】

インタビュー紹介動画, 制作事例

【移住PR動画】
群馬県への移住者向けに、市町村長のインタビュー動画を制作させていただきました。
この貴重な経験と繋がりを大事にして弊社も群馬県を盛り上げていきたいと思います!!
ぜひ下記のURLから御覧ください!

【オールぐんまオンライン移住相談会in湯けむりフォーラム】
https://www.youtube.com/channel/UCpsmCCxi9LkmJfgBdi7-YPg/featured

動画の狙いと効果

この動画は、群馬県が県外(主に首都圏)の方に移住を促す為の動画です。

群馬県は35市町村からなり、各市町村長のインタビュー撮影というのは、県の職員さんの提案でした。

地域により環境も違えば方針も違い、それがまとめて見られるというのは、群馬県でも初めての取り組みだったのではないでしょうか? このような機会はそうそうありませんので、移住を検討する県外の方のみならず、是非その土地に住む住民の方々にも見ていただきたいと思いました。

そのための工夫として、インサートの写真や動画を多めに挿入し、画に変化をつけて飽きずに見てもらえるよう務めました。

チャレンジしたこと

群馬県知事および35市町村長の撮影ということ自体がもはや「チャレンジ」でした。

弊社は、企業のPV撮影や動画広告用の動画制作を主にやっています。

インタビューの撮影自体は経験がありましたが、県知事や市町村長との関わりも初めてでしたし、短期間で35市町村を回ることも初体験です。多い日では撮影班が二手に分かれ、計7箇所回ったこともあります。

また、今回は撮影および編集のスケジュールも非常にタイトだったため、「どうしたら効率よくスピーディーに対応出来るか」という点を重要視した段取りや構成づくりにチャレンジしました。

ディレクターから一言

撮影の裏話をひとつ。

先述にもあるとおり、群馬県内35市町村をまわったのですが、ほとんどの市町村がインタビューは役場内またはその敷地内での撮影でした。

そんな中、みどり市は市長自ら「博物館で撮影をしたい」との申し出がありました。撮影のついでに施設内をみてまわり近隣を散策してみたりと、ちょっと得した気分になったのはココだけの話です。笑

このような仕事がなければ、恐らく群馬県内35市町村へ足を運ぶことはなかっただろうし、ましては市町村長さんとお話する機会もなかったんじゃないかな。うん、絶対ないな。そう思うと、改めてこの仕事をしていてよかったなと思えます!

関連記事一覧