個性を伸ばし、骨をしっかりとさせたい

新しい環境に徐々に移り、自分がwebディレクターという立場になりました。
今までは制作全てを自分でやってはいましたが、自分が前に立って仕事をするのは初です。
初めてのチャレンジなのでワクワクします。

とは言え、仕事を切り替えていかないとなので試行錯誤してます。
デザイナーを2人抱えている状態で、自分もデザイナーという立場で今までは動いてました。
しかしそのポジションを離れ、ディレクターとなると勝手が違うなと感じました。

 

デザインの価値観で争わない

これは昔から、どこの現場でもある事で、「デザインを先にみたいな」というお客さんや営業さんが多い。
ヒアリングや内容が宙ぶらりんの状態で作りこんで、いざ打ち合わせをした時に「あ、なんかやっぱり違うからこうして」と、いう反応が返ってくるのはわかっているが作らざるを得ないのは時間のロスじゃないかなと。

結局は「かっこいい」は個人の「価値観」の違いであり、僕が思う「かっこいい」とお客さんが思う「かっこいい」はイコールではない。最初に「かっこいい」もの、つまりデザインしたものから始めるのではなく、しっかりヒアリングし、より効果的な成果物を提案する流れから始めた方が「コンセプト」が明確になり「目的」がブレなくなるんじゃないかなと。特にweb媒体などは複雑に絡み合っているので、「コンセプト」出しはとても重要に感じる。
最初の「価値観」のぶつかり合いは、時間の無駄にしか感じないと思う。ただ、ケースバイだとは思います。
そんな「価値観」の違いが生まれるんだから、デザイナー同士でも違いがでてきて当たり前である。
自分が感じてる違和感をどう伝えるか。
そこはとても慎重に言葉や行動を選ぶ必要があるのかと感じました。
なのでやらないルールを決めてみる事にしました。

 

やらないルール

  • 自分がデザインしない

考えてみたら、一個でしたw
それでも僕にとってはとっても重要な事。
基本はデザイナー上がりなのでデザイン処理に関して自分の好みにしたいが、彼らが考え、彼らが作り上げた作品なのだから方向性がブレてなければそれでいいのだと感じました。

自分好みにしたくないのは、彼らの個性を潰しやる気を削ぐことだと感じたからだ。
彼らを信じ、彼らが100%の力でぶつかってくるように整備すればいい。

 

チームとしての骨組みを作る

今まではバラバラに個人が制作していた業務だったが、チームとなり仕事をする上で骨組みはとても重要だと感じた。骨組みとは制作フローの事で、個別にすると品質チェックや、技術のシェアに差ができてしまうと感じた。

しっかりとした骨組みを作り、各自がそのフローを守る事で自分が何をしているのか、第三者が見た時に何をしているのかがわかりやすくなる。一々作業の確認をするのに聞かなくていいのはお互いに楽じゃないかなと。
商品の品質も格段に上がるわけではないが、しっかりとした骨太の商品を作るにはフローが必要不可欠。

チャットワークを利用し、プロジェクト事にルームを作り議事録やファイル共有、質疑応答を行えば最小限のコミュニケーションで作業する時間を作れる。そうすれば時間がかかるデザイン作業の時間を捻出する事ができると思います。

デザイナーなんだもの、デザインにこだわって欲しい!

 

今後の課題

とはいえ、この考えもスタートしたばかりで進んでいくなかで改良をしていく必要はあります。
まだまだひよっこディレクターですが、日々精進して快適な仕事ができるようにがんばりたいと思います。

 

Leave a comment