ラジオの良さ

実例

ラジオの良さ

どうも、8hammerバイトリーダーの富井大遥です。タイトルにある通り今回は、「ラジオの良さ」について話していきたいと思います。

私は、ラジオが中学3年生の頃から大好きです。普通は「受験勉強中に聞いていたから好きになった」と言いたくなるものですがそうではなく、我が家では携帯・スマホは受験が終わってからという掟があったので、受験が終わったあとに買ってもらい、そこからラジオを聴くようになりました。
最初にハマった番組は「おぎやはぎのメガネびいき」という、おぎやはぎさんがTBSラジオで深夜1時からやっている番組です。もうそれが面白くて面白く、就寝するときの睡眠導入剤だったし(面白くて結局最後まで聴いてしまう)、休みの日はイヤフォンをつけて、朝食、昼食、晩飯、お風呂、就寝と、もう一日中聴きっぱなしでした。あの番組のなにがいいって、おぎやはぎさんのヌッルい会話と毎週どこかで入る小木さんのめちゃくちゃ似てないビートたけしさんのモノマネ、番組最後にある「おぎやはぎ批評」。たまないですね。本当に。

その次にハマったのは。ニッポン放送でオードリーさんが深夜1時からやっている番組「オードリーのオールナイトニッポン」です。この番組は今でも毎週聴いています。もし友達に「ラジオ聴き始めたいから何かオススメある?」と聞かれたら真っ先にこの番組をオススメします。そのぐらい面白い番組です。この番組の良さは、ラジオではボケとツッコミが逆になるところです。漫才では、春日さんがボケ、若林さんがツッコミをやっていますがラジオではそれが何故か反転します。なぜなんだ。知りたい。
とにかく二人共、子供の時からラジオが好きだったみたいで、それも面白さの秘訣なのかもしれません。
ちょっと変わっていることがあって、普通ラジオの全体的な構成は「オープニング20分→曲5分→フリートーク30分→曲5分→コーナー30分→エンディング10分」だと思っています。一般的に。ですが、オードリーのオールナイトニッポンの場合「オープニング40分→若林フリートーク15分→春日フリートーク15分→コーナー20分→エンディング10分」。。オープニング40分!!??そうなんです、オードリーのオールナイトニッポンはオープニングが40分なんです。代名詞と言っていいのかもしれません。そしてもう一つ、曲がないんです。二人の会話だけを聴きたい私からしたらとてもありがたいです。

すみません、一人で盛り上がってしまいました。本題に戻ります。動画と違ってラジオは耳からの情報しか入ってきません。その中で、リスナーの想像力で映像を作っていく。ここがラジオのいいところだと思います。動画も好きですが、ラジオの耳だけで想像していく感じがとても好きで、俳優としても頭の中で映像を作る作業としても勉強できるので一石二鳥です。

最近はラジオ人口が増えていると言われてますが、私の周りにはラジオを聴いている人があまりいません。勧めたりはしているのですが、あまりハマってくれません。(笑)今はコロナで家にいることが多いと思います。なので、みなさんのちょっとした時間や、作業しているときのBGM、気分転換などでラジオ聴いてみてはいかがでしょうか?少し聴いてみると、世界が少し明るく感じるかもしれませんよ!

今回は、ここまで。次回は、私の好きなアーティスト「星野源さん」と「森山直太朗さん」について話していきたいと思いますので、みなさん是非楽しみにしていてください。宜しくおねがいします。

宣伝で、私はyoutuberをやっています。「農TUBE高崎」「ベースランニング」という2つのチャンネルがあるのでそちらもぜひ見てみてください。

それでは。

動画の事ならお気軽にご相談ください!

YouTubeをはじめてみたいけど、どんな風に始めたらいいのかわからない。チャンネル配信をしているが、方向性に悩んでいる。など、YouTubeに関わる相談を無料で受け付けています!ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

関連記事一覧