ブログ

プレゼンで大切なのはわかり易さと思いやり

プレゼン

プレゼン

プレゼンでは資料の質も大切ですが、どれだけ相手の事を思い、わかりやすく伝えるかがキーになってきます。
用意した資料をそのまま伝えるのではなく、資料の要点をまとめて伝えるといいです。

教科書をそのまま読むと眠くなりますが、興味を引くものは自然と耳を傾け眠くならず聞いてくれます。資料に関してはプレゼン後でも気になれば繰り返し読んでいただけますし、大切なのは「この人にお願いしたい」と思わせる事が重要で、その為には相手の事を理解し、相手が進みたい道を導いてあげましょう。

とはいえ、これは実践してみてわかる事が多いので、頭では理解していても体で覚えていかないと難しいと思いますので、ぜひ怖がらずどんどん経験してみてください。

僕も最初は緊張したり、資料をそのまま読んでみたりと失敗続きでした。でも、資料の文字に頼らず、伝えたい要点をまとめて伝えると、案外理解していただく事が多いです。そこからガードが緩くなった相手に信頼していただく為に、共感だったり強みをアピールしていくと仲良くなれました。

本当、上達の近道はありませんね。
これからもコツコツ積み上げていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です